会員専用

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
メインメニュー
摩耶山友会山行規定

摩耶山友会山行規定

 

【目的】

第1条        この規定は、私達が行う山行について必要な事項を定め、    

以て安全で充実した山行活動が実行出来るようにすることを目的とする。

【山行の種類】

第2条 私達が行う山行とは、次のものをいう。

1.        例会山行 ― 会の事業として計画し、実施する山行をいう。

             私達の山行は、原則として例会山行によるものとする。

2.        自主山行 ― 例会山行がないときに、会員同志で自主的に

             行われる山行をいう。

3.        個人山行 ― 例会山行、自主山行以外に、会員以外の者と行    

          う山行をいう。個人山行については、会は会員

          に対する責任の外は一切の責任を負わない。

但し、会員がリーダーもしくはサブリーダーである場合は、この規定を準用しその範囲で責任を遂行する。

【単独行の禁止】

第3条 単独行は原則としてこれを禁止する。

【山行計画書の提出】

第4条 

1.        例会山行、自主山行を行う場合、その責任者は、所定の山行計画書を作成し、遅くとも山行を行う2週間前までに運営委員会に提出して承認を受けなければならない。

2.        個人山行を行う会員は、その山行計画書(写し)を運営委員会に届出なければならない。ただし、会員がリーダー、もしくは

サブリーダーである場合には、前項の規定を準用する。

 

【山行計画書の指導・勧告】

  第5条

1.        運営委員会は、第4条の山行計画書の承認にあたっては、必要な指導・勧告を行うものとする。

2.        前項の指導・勧告を受けた場合、その会員はこれに従わなければならない。

【留守本部の設置】

  第6条

1.        山の種類を問わず、運営委員会が必要と認める山行にあたっては、留守本部を設置しなければならない。

2.        前項の山行リーダーは、下山後直ちに留守本部に下山報告をしなければならない。

【山行報告書の提出】

第7条 山行終了後は、山行の種類を問わず速やかに総括を行い、その  

責任者は、所定の山行報告書を作成し、運営委員会に提出しなければならない。

【規定の運用】

第8条 この規定の運用に関し、別に細則を定めるものとする。

    この規定の疑義についての解釈及び前項の細則の設定は運営委員会で行う。

【規定の改廃】

第9条この規定の改廃は、総会の決議により行う。

【附則】

1.        この規定は、1974年6月9日から施行する。

2.        この改正規定は、1986年6月22日から施行する。

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える