会員専用

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
メインメニュー
摩耶山友会会則

摩耶山友会会則

第1章 総則

  第1条(名称)

    この山岳会は、日本勤労者山岳連盟ならびに兵庫県勤労者山岳連盟に加入し、

  「摩耶(まや)(さん)友会(ゆうかい)」と称し(以下「当会」という)事務所を神戸市内におく。

第2章 目的と活動

   第2条(目的)

当会は会員が安全に山登りを楽しみつつ、会員相互の親睦と心身の向上を図り、固い友情と団結を育てることを目的とする。

  第3条(活動)

会は前条の目的を遂行するため会員自身の運営により次の活動を行う。

1.山行の企画、実施及び教育をおこなう

2. 山岳知識及び登山技術の向上を図る。

3.会員の親睦を図るための行事を行う。

4.機関誌を発行する。

5.利便向上のためにホームページを運営する

6.他の山岳会との交流を図る。

7.その他、当会の目的のための活動を行う。

 第3章        会員

第4条(資格)

当会の目的を承認し、会則に定められた入会金及び会費を納入し所定の入会手続きを行うことにより、会員になることができる。

第5条(権利)

    会員は次の権利を持つ。

1.会員は全ての例会及び行事に参加することができる。

2. 会計、記録、その他、当会に関する資料を閲覧することができる。

第6条(義務)

    会員は次の義務を負う。

1.当会を育成し、会則及び決議に従うこと

2.当会所定の会費を納入すること

3. 積極的に専門部に入り活動すること。              

  第7条 (退会)

1.会員は退会届を提出することにより自主的に退会することができる。但し、次の場合は退会させ られることがある。

(1)定められた期日から3か月を過ぎても理由なく会費の納入がないとき。

(2)当会の目的に著しく反した時

2.退会したものは一切の会財産の返還または分与を請求することはできない。

第4章            組織

第8条 (総会)

総会は当会の最高決議機関で毎年1回原則として5月に会長が招集する。また運営委員会が認めた場合または会員の3分の1の要求があった場合は、臨時総会を開くことができる。総会の成立は会員数の過半数の出席(委任状を含む)を必要とし、その決議は出席者の過半数をもって決し、可否同数の場合においては議長の決するところによる。

第9条(運営委員会)

運営委員会は総会に次ぐ決議機関であり、また執行機関であって、会長、副会長、事務局長、運営委員によって構成され、毎月1回以上会長が招集し、総会の決定に基づき会務を執行する。その成立は、会長またはその代行が、状況に応じて判断する。
 

第10条(役員)

1.当会に次の役員をおく。

   会長 1名

副会長 若干名

事務局長 1名

運営委員 若干名

会計監査 2名

2.役員は総会によって選出され、任期は次期総会までとし、再選をさまたげない。

3.また役員の補充は運営委員の良識ある判断で決定し、任期は残り期間とする。

第11条 (専門部、実行委員会)

この会は運営を円滑にするために専門部・ブロックを設ける。

1.当会活動の発展と運営円滑にするため専門部を設置し、部長は原則として運営委員があたる。

2.当会の行事等を円滑に遂行するため、運営委員会においてその目的に応じた実行委員会を設けることができる。

第12条 (事務局)

当会は会の運営に関する事務を行うため事務局を設ける。事務局には事務局員を若干名おき事務局長が総括する。

第13条 (山行)

山行についての規定は別に定める。

第5章 会計

第14条(会計年度)

当会の会計年度は当年5月1日から翌年4月末日までとする。

第15条 (経費)

会の経費は次によりまかなう。

1.入会金 2.会費 3.臨時会費 4.その他

第16条 (入会金及び会費)

 

1.入会金は500円とする。

2.会費は月額1.200円とする。ただし、家族会員は2人目から400円とする。
3.会費は3ヶ月単位で納入する分納、あるいは1年分一括納入のいずれかの方法で納入することができる。
4.分納は5~7月、8~10月、11~1月、12~4月を会費納入単位期間とし、それぞれ、6,8,11,2月末までに納入するものとする。
5.1年分一括納入は通常の額から400円を割り引いて14,000円を6月末までに納入するものとする。
6.年度途中で入・退会した場合の会費は月割り(入・退会月を含む)で清算する。
 

  第17条 (会計監査)

1.会計監査は年1回行う。

2.会計監査は1項にかかわらず臨時監査することができる。この場合、監査内容は機関誌で公表する。

第6章 会則の扱い

第18条(会則の解釈)

この会則の疑義についての解釈は運営委員会が行う。

第21条(会則の改廃)

この会則の改廃は総会で行う。

付則

1.この会則は、1974年6月9日から施行する。

2.この改訂規定は2000年6月1日から施行する。

3.この改訂規定は2011年6月1日から施行する。

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える